コーチ紹介

島田 裕代(しまだ ひろよ)

HEROスポーツクラブ代表

日本体育大学体操競技部出身。体操選手として活躍の後、日本体育大学体操競技部アシスタントコーチとして体操選手の育成に携わる。2009年よりマッスルミュージカルメンバーとして、アメリカラスベガスの舞台で主演キャラクターを務める。全国各地の子どもから大人まで幅広い年齢層に体操指導を行い、多数メディアに出演。

松島 由季(まつしま ゆき)

全日本ジュニア体操競技選手権大会個人総合優勝、全国中学校体操競技選手権大会団体優勝。マッスルミュージカル最年少メンバーとして活躍し、スポーツマンNo’1決定戦ではモンスターボックス(跳び箱18段、2m56cm)を跳び、女子世界記録保持者となる。引退後は子どもたちへの体操指導を行い、アクロバットパフォーマーとしてTVCMに出演するなど幅広い舞台で活躍中。

加藤 正樹(かとう まさき)

日本体育大学体操部出身。卒業後は社会体育現場で体操・スポーツ指導を行う。「指導現場では子どもより汗をかく」がモットー。また指導の傍ら、舞台や体操イベントにてパフォーマンスも行い、体操や身体活動のおもしろさを表現している。

加山 大雅(かやま たいが)

2017〜2018年に渡り、日本体育大学体操競技補助コーチとして、全日本体操競技選手権大会、全日本学生体操競技選手権大会、NHK体操選手権大会など多数の試合に引率。2017えひめ国体応援イベントでは白井健三選手らとともに、市民スポーツフェスタ(キッズ体操教室)講師を担当。補助のスペシャリストとして、体操•アクロバットの幅広い指導に携わる。